中村めぐみBLOG フルコースをおすそわけ

打楽器奏者・中村めぐみの毎日、ちょっとおすそわけしてます。

9月コンサート、いろいろ動いてます!

8月終わってしまいましたね・・

 

いよいよコンサート盛りだくさんの9月10月がやってきます!

8月後半は、オーチャードコンサートと、惑星コンサートにいろいろ動きがありました。

まずは、本番日の早いオーチャードコンサートのことから書こうかなと思います。

 

8/30

びわこミュージックハーベスト元受講生の関西メンバー(浅川・中村・久保)で、コミュニティラジオのエフエムひこね(http://www.fmhikone.jp)にお邪魔して、オーチャードコンサートのCM収録をしてきました!


コンサート案内と一緒に、聴きどころをお話してきました。

演奏とは違う緊張が、3人に走る…
でも、とっても楽しく収録することができました。

f:id:mechan_perc:20180901012201j:plain

f:id:mechan_perc:20180901012206j:plain

ゆっくり明るく・・妙にドキドキしました〜

 

f:id:mechan_perc:20180901012153j:plain

エフエムひこねまでの道中。実は大学の先輩後輩でして、笑いが絶えない

f:id:mechan_perc:20180901012156j:plain

久保さん(ぼん)、後部座席で必死に練習中。

9月から、何回も流してくださるとのことです!

ありがとうございます!
滋賀の彦根に近い方(どの地域につながっているのかわからないのですが)、78.2Hzに合わせてみてくださいね。

 

 

8/31

オーチャードコンサートの演奏曲の1つ、水野修孝作曲「打楽三重奏」の合わせを行いました🥁🎶

 

この曲は、宮本妥子先生と浅川いずみさんと私の3重奏。
登場する楽器は、太鼓とカウベル、クラベス、そして特徴的なのは呼笛(体育の先生が使うようなホイッスル)。

一曲を通して変拍子が続くので、一瞬たりとも気が抜けない緊張感・・。変拍子が生み出す弾むような独特のリズムが、まるでメロディーのように聞こえてきます。
 
マリンバ奏者の高橋美智子さんの委嘱で1986年に作曲された曲ですが、多分関西で演奏されるのは初めてではないでしょうか?(少なくとも3人は、初めて聴き、演奏します)

f:id:mechan_perc:20180901012931j:plainf:id:mechan_perc:20180901012935j:plainf:id:mechan_perc:20180901012939j:plainf:id:mechan_perc:20180901012944j:plainせっかくですので、私がのっている他の演奏曲についても、少しご紹介😘
 
◎コペツキ作曲「へびの歌」
中谷満先生と元受講生の4重奏。コンガ・ボンゴといったラテン楽器と大太鼓・小太鼓を、全て手で叩いて演奏。声も登場します。打楽器の原始的な世界が思い浮かぶ一曲です。 

J.S.バッハ作曲「イタリアン・コンチェルトより、第1楽章」
音楽の父、バッハのチェンバロの名曲を、浅川・中村のマリンバデュオで演奏します。ドキドキ!
打楽器のオリジナル曲ばかりのプログラムの中で、唯一違う楽器のために書かれた曲ですが、バッハの曲は、実はマリンバの音がとてもよく合います。クラシカルな曲を、マリンバの木の暖かい音色でお楽しみください。 
 
その他の曲は、また今度に🙋‍♀️

チケットご予約、まだまだ受付中です!
9/17(月・祝)14時〜滋賀県立文化産業交流会館に、ぜひお越しください!

 

tromme-chan.hatenablog.com