中村めぐみBLOG フルコースをおすそわけ

打楽器奏者・中村めぐみの毎日、ちょっとおすそわけしてます。

びわ湖ホールオペラ ラインの黄金

3月4&5日は、びわ湖ホールで「ラインの黄金」でした!

 

お客さんからは、絶対に見られない場所で演奏していました

 

f:id:mechan_perc:20170307224819j:image

 

これ、オーケストラピットに入る入り口近くです!

(向こうに後輩がぼわっと浮かび上がってます…こわい!)

 

「アンビル」という楽器で

2場→3場の転換場面と、3場→4場の転換場面の2ヶ所のみの出番ですが、実はアンビルパートは全部で9人(9パート)いて、上手・中央・下手に3人ずつ分かれて演奏してるので、音量のバランスも、だんだん大きく小さくするタイミングや加減も、めちゃ難しい…

そして、ものすごい音量なので、演奏し終わったら耳鳴り。。

 

でも、本当は、この倍の人数いるらしいです。

なんて大変なオペラなんや

 

f:id:mechan_perc:20170307225830j:image

細かいリズムパートは、金づち2本使い!

 

 

1週間、びわ湖ホールのものすごい舞台装置に囲まれて過ごし、場面ごとに歌い手さんが出はけするのを見たり、数々の演出を「おーーー」とか言いながら堪能できる、まさに(舞台)ウラ側ワンダーランドでした。

 

公演は両日とも、完売、満員御礼のスタンディングオーベーション!

初めて、大入袋をいただきました!

f:id:mechan_perc:20170307230410j:image

 

この公演、2時間半休憩なしだったのですが、京都市交響楽団さんの演奏は両日ともものすごい集中力。もう、さすがとしか言いようがありませんでした。

長〜い、とにかく長〜いという印象が残りやすいワーグナーだと思っていましたが、演奏と上から聞こえてくる歌が素晴らしすぎて、あっという間でした。

 

滅多にできない経験をさせていただき、とても幸せな時間でした!

 

 

(そして今、リサイタル一直線です!笑)